おしらせ
最新の情報をお届けします。

2019年(令和元年)12月 ニュース ・ お知らせ
【在職老齢年金 現行 月額47万円のまま据え置きへ】

新聞によると、在職老齢年金の現行制度65歳以上の社員について、減額基準額(賃金と年金の合計額)を現行の月額47万円のまま据え置く方針となった。
一度は、賃金と年金の合計額を月額51万円に引き上げる案があったが、高所得者の優遇にあたると批判が相次いだ。そのため、現行のまま据え置きとなり、60〜64歳は、現行の月額28万円から47万円に引き上げ、65歳以上と揃える方針である。


【年末年始のお知らせ】

早いもので、2019年(令和元年)も残すところ1ヶ月をきりました。来年は明るいニュースを期待したいと思います。
少し早いですが、1年間ありがとうございました。

12月27日(金)まで平常業務

年末年始休暇…12月28日(土)〜1月5日(日)



R1.12.2 更新

過去の記事

事務所概要へ戻る

中央労法トップページ

直線上に配置
中央労法経営協会
〒171-0014 東京都豊島区池袋4-6-1
TEL : 03-3980-0845  FAX : 03-3980-6927  E-mail : chuoroho@muse.ocn.ne.jp  URL : http://www.chuoroho.jp/
Copyright © 2004-2019 Chuoroho keiei kyoukai. All Rights Reserved.